高校1年女です! 私は髪の毛が全体的にうすくなやんでいます。全体的

高校1年女です!
私は髪の毛が全体的にうすくなやんでいます。全体的に薄く分け目とかてっぺんとかは頭皮が見えています。
抜け毛も多いです。
びまん性薄毛だと思って調べたら、当てはまっ ていると思いました。
昔から夜遅くまで起きてる習慣があり、また、毛深いことから女性ホルモンがすくないと考えられます。
女性ホルモンの低下によるびまん性薄毛だと思ったのですが、昔の写真をさかのぼってみると、昔から(といいますと小学校の写真でも)髪の毛が今と同じくらい薄かったです。
これはびまん性薄毛ではなく、生まれつきということでしょうか?家族はみんなちゃんと髪の毛は生えています。
育毛剤や、生活習慣を見直せば髪の毛は増えるでしょうか?泣
まずは皮膚科の受診をお勧めします。西洋医学の面からしっかり診断して頂けると思います。ホルモンバランスの乱れなのか? 皮膚病なのか? 甲状腺に関する病気なのか? 現状把握をしっかり行い原因を見つけることが大切です。原因が解れば治療ができます。はっきりした原因が解らない場合は、症状に対する対処療法を実施することができるからです。
一般的に、「女性の抜け毛・薄毛」の原因・要因は大きく分けて2つです。
①女性ホルモン分泌量低下により男性ホルモンが相対的に増加して、「軽い男性型脱毛症」となっている可能性があります。(女性も副腎で男性ホルモンを作っており、通常でも男性の約10分の1程度血中にあります)
②頭皮の血行不良です。これにはいろいろな要因がありますが、現在頭皮の色が「青白くなくて赤みを帯びている」状態であれば血行不良を起こしています。
「軽い男性型脱毛症」の治療については、女性ホルモンを増加させましょう。
女性ホルモンと言えば「エストロゲン」です。大豆イソフラボンはエストロゲンに似た働き(エストロゲン様作用)をすることが実証されていますので、女性にとってはとっておきのアイテムです。
私(40歳代主婦)の習慣・成功体験を紹介すると、毎日「豆乳」を食事時にお茶代わりとして飲んでいます。
髪のボリューム・ハリ・コシを取り戻した上に、お肌の調子も非常に良くなりました。Goodです!
また、女性の身体はデリケートです。ちょっとしたホルモンバランスの乱れが変調をきたすことがあります。レディースクリニックに相談されてみてはいかがでしょうか。血液検査によるホルモン分泌量の確認、それに基づく女性ホルモンの投与などの医学的処方には、すぐれた効果があります。
頭皮の血行不良は抜け毛・薄毛を助長する要因となります。毛母細胞への栄養素の供給不足となるからです。
漢方医学では毛髪のことを「血余(けつよ)」と言い、「血が余るほどあれば毛髪は生えてくる」という意味だそうです。「頭皮の血行不良」の治療については、外用として女性用ロゲイン等のミノキシジル塗布による血行改善、内用として血行をよくする食事に取り組みましょう。にんにく、しょうが、ねぎ、唐辛子は体を温め血行をよくする食材です。献立の工夫をしてみてはいかがでしょうか。内的なものは継続して身体に効きます。末梢血管の血流を増加させましょう。
私の経験ですが、夫が長年薄毛に悩んでいたことや私自身が加齢で髪のボリュームが少なくなってきたこともあって、抜け毛・薄毛に関する本や情報商材を多数購入し試してきました。(夫は「リーブ××」経験有→効果無) 個人的には、「半年で発毛育毛実現! 髪の悩み、ロハスで解決」という本がお気に入りです。ネットでは入手できない毛髪の悩みが解消される情報が沢山載っていて、とても参考になりました。
女性の抜け毛・薄毛の改善は、手当ての方向さえ間違わなければ早期に改善しますので心配いりませんよ。しっかり取り組んでいきましょうね。
私のヤフー知恵袋の回答を、知恵ノートにまとめております。
◆まずは皮膚科、近くにそういった専門の美容室などがあれば行って症状見てもらって下さい。
私は20代ですが同じような症状になりました。
前々から薄いかな?と思っていたのが昨年から急にです。
原因は大きくこの2つです。
・過度な肩凝り&首凝り
肩や首が凝ったままですとそれより上(頭)に血が巡り辛くなり頭皮が凝り固まります。そうすると髪が生えづらくなります。てっぺんが薄くなる原因。また末端冷え症にもなりやすいです。
ストレスが溜まり交感神経(後頭部)が乱れるのも良くありません。
・パーマ&カラーを定期的にかけていた
・パーマ感を出すためブラッシングを殆どしなかった。
髪へのダメージ、頭皮が凝り固まる原因
第一の対処法としては、凝りをほぐす。温める。
リラックスする。ストレス発散。交感神経を和らげるアロマも良し。
そして常日頃の頭皮ケア。
できるだけ頭皮へのダメージを減らすこと。
特にシャワー・熱いお湯・ドライヤーに注意。逆にブラッシングを怠けるのも良くないそうです。
髪の洗い方について
まず、お風呂前に髪をまんべんなくブラッシング。これで髪の汚れはだいたい落とせるそうです。
お風呂で体を温めたら、「ぬるま湯」を「風呂桶」で髪や頭皮に優しくかける。まんべんなく濡らしたところに「泡立てた」シャンプーを付ける。
指先でかるく動かすだけでゴシゴシ洗ったり頭皮を刺激することはしなくてOK
その状態のまま体を洗ったり、湯に浸かって10~20分ほど待ちます。
そうすると自然と頭皮の汚れが浮いてくるそうです。
あとは最初と同じように「ぬるま湯」をいれた「風呂桶」で優しくすすいでください。ぬめりが残らないようにしっかり!
リンスは毛先にちょちょっと付けたらすぐ流してOKです。
お風呂後はきちんと髪を乾かす。
けどドライヤーも頭皮へ刺激になるためできるだけタオルドライしてからドライヤーに切り替えること。
タオルドライも押し当てて水分を取り除くようにしてみてください。
あと個人的におすすめなのが「AVEDA」のパドルブラシ。
髪が抜けるの怖くてブラッシングきちんとしなかったのですが、これでブラッシングするようにしてから髪が根本から立ち上がるようになりました。
もし髪の根本が情けないくらいにペッタリしているときにはおすすめします。
頭皮マッサージもできるので一石二鳥です。
お近くに店舗あったら直接見てみてください。
◆皮膚科に行きましょう。
ここで聞くよりも有意義ですしね。
◆.薄毛、抜け毛は生活習慣病です。頭皮は髪の畑です。髪は血液から栄養をもらっています。育毛剤からではありません。加齢による動脈硬化や運動不足、女性ホルモンの失調で頭のてっぺんまで血「栄養」が上りづらくなれば誰でも薄毛になり、抜けていきます。また頭皮は全て毛細血管なので頭頂部、前髪には特に血液が届きづらくなる為に薄毛、抜け毛が進行するんです。毎日2キロのスロージョギング等「有酸素運動」で育毛剤以上の効果をえられます。毛細血管も発達します。即効性の就寝前、横になった状態で頭皮マッサージも必要です。また市販されている育毛剤「リアップ等」は全て血流を良くするものです。ですから必ず頭皮マッサージをしてください。と説明書きがあるはずです。あとは栄養ですね。納豆巻を毎日1本、青魚、低脂肪ヨーグルト、野菜を食べてください。どんどん回復しますよ。普段シャンプー「どんなシャンプーも同じです。」をする前にブラッシングをして充分なゆすぎが大切です。シャンプーの化学化合物が毛根に吸収されると毛根細胞を痛めるからです。そして乾かしてください。その他帽子、ヘルメット、パーマ、毛染め、ワックス、たばこ、ダイエットは薄毛を進行させます。海苔、酢飯、納豆それぞれに育毛効果がありそのバランスがとてもいいんです。一ヶ月で効果がありますよ。また、ダイエットをしても納豆巻きだけは食べ続けてくだい。
◆毛が薄くなる仕組みを解明したと発表
ハゲ朗報です。