25さい女性です。数年前から薄毛で悩んでいます。頭のてっぺんです。

25さい女性です。数年前から薄毛で悩んでいます。頭のてっぺんです。目立ちます。
病院調べても高いし、育毛剤もたかいし、勝手に使って合うかわかりません。
安くて治療できる方法はないでし ょうか?本当に悩んでいます。
まずは皮膚科の受診をお勧めします。西洋医学の面からしっかり診断して頂けると思います。ホルモンバランスの乱れなのか? 皮膚病なのか? 甲状腺に関する病気なのか? 現状把握をしっかり行い原因を見つけることが大切です。原因が解れば治療ができます。はっきりした原因が解らない場合は、症状に対する対処療法を実施することができるからです。
一般的に、「女性の抜け毛・薄毛」の原因・要因は大きく分けて2つです。
①女性ホルモン分泌量低下により男性ホルモンが相対的に増加して、「軽い男性型脱毛症」となっている可能性があります。(女性も副腎で男性ホルモンを作っており、通常でも男性の約10分の1程度血中にあります)
②頭皮の血行不良です。これにはいろいろな要因がありますが、現在頭皮の色が「青白くなくて赤みを帯びている」状態であれば血行不良を起こしています。
「軽い男性型脱毛症」の治療については、女性ホルモンを増加させましょう。
女性ホルモンと言えば「エストロゲン」です。大豆イソフラボンはエストロゲンに似た働き(エストロゲン様作用)をすることが実証されていますので、女性にとってはとっておきのアイテムです。
私(40歳代主婦)の習慣・成功体験を紹介すると、毎日「豆乳」を食事時にお茶代わりとして飲んでいます。
髪のボリューム・ハリ・コシを取り戻した上に、お肌の調子も非常に良くなりました。
Goodです!
また、女性の身体はデリケートです。ちょっとしたホルモンバランスの乱れが変調をきたすことがあります。レディースクリニックに相談されてみてはいかがでしょうか。血液検査によるホルモン分泌量の確認、それに基づく女性ホルモンの投与などの医学的処方には、すぐれた効果があります。
頭皮の血行不良は抜け毛・薄毛を助長する要因となります。毛母細胞への栄養素の供給不足となるからです。
漢方医学では毛髪のことを「血余(けつよ)」と言い、「血が余るほどあれば毛髪は生えてくる」という意味だそうです。「頭皮の血行不良」の治療については、外用として女性用ロゲイン等のミノキシジル塗布による血行改善、内用として血行をよくする食事に取り組みましょう。にんにく、しょうが、ねぎ、唐辛子は体を温め血行をよくする食材です。献立の工夫をしてみてはいかがでしょうか。内的なものは継続して身体に効きます。末梢血管の血流を増加させましょう。
女性の抜け毛・薄毛の改善は、手当ての方向さえ間違わなければ早期に改善しますので心配いりませんよ。しっかり取り組んでいきましょうね。
私のヤフー知恵袋の回答を、知恵ノートにまとめておりますのでご覧ください。
◆こんにちは。
僕はスポーツトレーナーをしています。
トレーナーの仕事は、人にトレーニングとコンディショニングを施すことです。
トレーニングとコンディショニングが進むと、100%、体質が変わります。
もちろん、良い方へ変わるのですが
中には、髪の毛のことを気にしていなくても、薄毛が解消する人もいます。
いわゆる、一石多鳥、というものです。
理由は、先の4人の方が、書いている通りでしょう。
特に、Body Talk という手技を用いると
薄毛に関しては、100%、 問題が解決します。
Body Talk は、自分で自分に、手技を施すものです。
お金は、かかりませんよ。
もし宜しければ、お教えいたします。
◆頭皮マサージを試した事はありますか?
頭皮のマッサージは、髪の毛を増やす効果があります。
毛根に栄養を運ぶ血管は、頭皮とそのすぐ下にある頭蓋骨の間を通っているので
力を加えると血管へストレートに力を加えることができるんです。
すると、一酸化窒素(NO)という物質が血管を広げるため、血流がアップし
毛根へ運ばれる栄養が増えると考えられています。
お金のかからない安全な方法ですよ。
◆頭皮は髪の畑です。髪は血液から栄養をもらっています。加齢による動脈硬化や運動不足で頭のてっぺんまで血が上りづらくなれば誰でも薄毛になり、抜けていきます。毎日2キロのスロージョギング「有酸素運動」で育毛剤以上の効果をえられます。毛細血管も発達します。即効性の頭皮マッサージも必要です。また市販されている育毛剤は全て血流を良くするものです。あとは栄養ですね。納豆巻を毎日1本食べてください。どんどん回復しますよ。普段シャンプーをする前にブラッシングをして充分なゆすぎが大切です。そして乾かしてください。帽子、ヘルメット、パーマ、毛染め、ダイエットは薄毛を進行させます。海苔、酢飯、納豆それぞれに育毛効果がありそのバランスがとてもいいんです。一ヶ月で効果がありますよ。またダイエットをしても納豆巻だけは食べ続けてください。
◆薄毛というものは悩みが深く深刻です。
今回は安くて治療ができるということに焦点を当てて回答させていただきます。
まずはお金をかけるよりも生活習慣の見直しや、食事に気を付けてみることをおすすめします。
薄毛の原因は主に2つあり、1つがストレス、2つめがホルモンバランスの崩れになります。
細かい原因は数あれど、大きく分けるとほとんどこの二つに追及されます。
まずはストレスです。
ストレスを感じると、体内のTリンパ球が髪の毛などの毛母細胞を異物として認識してしまい、排除してようとしてしまいます。
その結果、毛母細胞が損傷を受けて脱毛するとされています
次にホルモンバランスの崩れです。
女性の社会進出が進み、生活リズムの男性化が多く見られます。
男性と同じ生活リズムを女性が行ってしまうことで、女性ホルモンが減少してしまうのです。
女性ホルモンが減ってしまうと、発毛を促進するタンパク質「BMP」が減少してしまいます。
その分食生活やダイエットのしすぎ、ヘアスタイルに気を使わなければならないのです。
では、ポイントである食生活について以下を参考にしてみて下さい。
脂が頭皮に貯まる原因は、動物性脂肪によるものです。
つまり私たちが食べている「油」が原因です。
油を控える必要があります。その代わり、髪の毛に良い食事を心がけましょう。
髪の毛の元となる「タンパク質」を多く含む食材
・大豆、玄米、トウモロコシ、卵、鶏肉、魚など
「タンパク質」を髪の毛に変える「亜鉛や銅」を含む食材
・納豆、煮干、牡蠣、干し海老、切干大根、豚レバー、ごま、大豆、空豆、あずき、いんげん、煮干し、卵、ソバ粉
「タンパク質」を体の中で有効に摂取するために必要な「ビタミン類」
・豚肉、レバー、まぐろ、たらこ、さば、うなぎ、しじみ、あさり、納豆、牛乳、グリンピース、まいたけ、にんにく、いちご、トマト、メロン、柿、レモン、グレープフルーツ、ゴーヤ、ブロッコリー、じゃがいも、ほうれん草、ピーマン、カリフラワー 、小松菜、キャベツ、パセリ、のり、青魚(いわし、さば、ぶりなど)
食事+ストレスの発散+正しい生活習慣
これだけでも変わってくると思います。
もし整髪料などで髪の毛を整えているのならば今後は極力使用を控えましょう。
それだけでもかなりのダメージです( ;∀;)
↑の記事に女性の薄毛対策や解決法について書いてある記事があります。
読むだけでもとても参考になるので、よければ一度見てみては?
ここからは蛇足ですが、お金に少し余裕がある(500円くらい)という方は↑のURLに
「長春毛精」というものがあります。もし興味があれば覗いてみてください。
◆僕も同じで悩んでます。良かったら仲良くしてください

コメントを残す

CAPTCHA