薄毛で悩んでいる女性です。HARG治療をしようか悩んでいます。経

薄毛で悩んでいる女性です。HARG治療をしようか悩んでいます。経験者や病院関係者の方に質問です。
1クールの金額が高いのは仕方がないと思っていますが、その後効果が続くのか、治療をやめると戻るのかとか 教えてください。治療を受けてあまり効果がない方もいるのでしょうか?
それと飲み薬も必要なのでしょうか?私は血糖値が高いです。飲まなくても効果はありますか?
切実に悩んでいます。お勧めのクリニックはありますか?教えてください。
HARG療法は継続しての治療が必要ですし、内服薬との併用になりますので、服用されている薬があるのなら、医師との相談もしなければなりません。
費用もかかりますし、効果も個人差が大きいようです。
また、頭皮を清潔に保つ、マッサージをする、などの他に、
生活習慣や食生活の見直しも参考にしてみてください。
薄毛対策のひとつとして、育毛剤やシャンプーを変えてみるのも手だと思います。
私は知人から教えてもらった「マイナチュレ」という天然由来成分にこだわったシャンプーを使っています。
無添加で頭皮への刺激が少ないところにも惹かれました。
使い始めてからしばらく経ちますが、抜け毛が少なくなって効果が実感できているのが嬉しいです。
◆治療にはどうしても個人差がありますので効果が顕著に出る人もいれば全く実感できない人もいます。
“100%効果が実感出来る治療方法”なんてものは存在しません。それは仕方ないことかと思います。
あなた自身が効果を期待出来るかどうか、納得してお願いできるかどうかを判断するしかないと思います。
私も女性ですが、薄毛治療中です。
私の場合はたくさんある治療方法の中からどれを選べばいいのかわからなかったので、まず病院に相談にいきました。
埼玉県にある大宮中央クリニックという病院ですが、こちらは女性の薄毛治療の方法として複数の種類を扱っています。丁寧なカウンセリングのもと私にあう治療方法を選んでくれるので安心してお任せ出来ると判断しました。
今治療中ですが、治療を始める前よりも少しづつではありますが髪の毛の量が増えてきて頭皮が見える部分が少なくなってきたように思います。今後に期待できそうで嬉しいです。
HARG治療も扱っている病院ですが、まず相談にいってそれぞれの治療方法についての説明を聞いてみてはいかがでしょう?医師にあなたに最適の治療方法を一緒に考えてもらうのもいいんじゃないかなと思います。
効果が続くのかどうかなども医師に聞いてみたら確実じゃないでしょうか。
病院の薄毛外来のページです→
参考にしてみてください。
◆彼が昔薄毛になった時期がありました。
クリニックに通っても効果がみられず、いろいろ調べてとにかく頭皮を清潔に保ち頭皮マッサージを毎日念入りにしていました。(1時間くらい)
徐々に気にならなくなって、今は薄毛に悩まないほどまでに回復しました。
今も毎日続けています。
あまり詳しくないですが、参考までに。
◆僕もかなり悩んでます。良かったらお話しましょう
◆悩む必要はありません。以下の事を実践してください。それでもダメならカツラを検討しましょう。頭皮は髪の畑です。髪は血液から栄養をもらっています。加齢による動脈硬化や運動不足で頭のてっぺんまで血が上りづらくなれば誰でも薄毛になり、抜けていきます。毎日2キロのスロージョギング「有酸素運動」で育毛剤以上の効果をえられます。毛細血管も発達します。即効性の頭皮マッサージも必要です。また市販されている育毛剤は全て血流を良くするものです。あとは栄養ですね。納豆巻を毎日1本食べてください。どんどん回復しますよ。普段シャンプーをする前にブラッシングをして充分なゆすぎが大切です。そして乾かしてください。帽子、ヘルメット、パーマ、毛染め、ワックス、ダイエットは薄毛を進行させます。海苔、酢飯、納豆それぞれに育毛効果がありそのバランスがとてもいいんです。一ヶ月で効果がありますよ。またダイエットをしても納豆巻だけは食べ続けてください。
◆女性の方であれば男性でも回復する可能性が高いのは事実ですが1クールのHARGで満足のいく改善が期待できるとは限りません。場合によっては2クール目を薦められる場合もありますし、単発的にでも継続することを求められるようです。
HARG以外にも育毛メソセラピーという育毛法を提唱している育毛専門病院がありますがどちらの場合にしても回復しても何らかの形で治療を継続することが勧められます。
塗るよりも飲む。飲むよりも打つという考えが日本では定着しておりますがHARG療法は世界的に治験が行われたと説明されていますが実際に他国の検索サイトで医学的な文献を見つけることはできません。
育毛において医学的レベルで知識を持ち得る医師や学会は日本では限られており、どうしても美容整形外科のような利益優先型の医療機関が主体となった治療しか日本では提供されていない実情がございます。
服用薬を中心とした発毛クリニックやHARG療法とは異なり、大手美容外科が積極的に行っているのがメソセラピーというもので理論としてはHARG療法に似ております。
育毛メソセラピーを含め治療を受ける選択肢をされる前に育毛メソの効果や安全性について理解されたほうが良いと思います。
病院でメソセラピーを受けるからといって安全かつ効果的だと考えるのは危険です。
AGA治療以外の育毛メソセラピー問題について
HARG療法はミノキシジルやグロースファクターを薄毛の箇所に注射で投与する方法となります。
HARG療法やミノキシジル注射について
性別を問わずHARG療法や育毛メソの理論の根本的な問題とリスクを別の方に回答していますのでぜひ参考にしてください。
特に懸念をお持ちの血糖値についてですが一部医療機関で血液検査をする病院もあるのですがその後に服用を勧められるミノキシジルタブレット(正式名 ロニテン)を安全に服用するための判断材料にはされていないようです。
それ以前にHARGや育毛メソによって得られた効果を維持するためには服用薬の継続を推奨していますがロニテンは元々育毛薬ではありません。
ロニテンを服用することで体の体毛、それも特に顔の体毛の増加がロニテンの副作用の一つとして医薬品各条(製薬会社が作成している医薬品の説明書)には明確に記載されています。その説明書には服用を中止すれば増加した体毛は抜け落ちると書かれています。さらに服用を継続していても一定の期間を過ぎれば体毛の増加は収まるとも記載されています。
服用を継続しても体毛が抜け始めているのであれば、当然、増加したと感じられている頭髪も抜け始める可能性があります。ロニテンの服用を継続しても基本的に抜けるのが止まることはありません。
それ以上にロニテンを服用するリスクを理解したほうが良いと思います。
日本の育毛医療はロニテンを育毛薬として紹介されていますがロニテンは血圧降下剤として開発されている薬にミノキシジルが配合されている服用薬であることから育毛への転用が可能ではないかと海外でも考えられ実験的に処方がされましたが服用して得られる効果に対し服用するための手間やリスクが問題となりわずか2年でFDA(米国食品医薬局)より育毛目的での処方が禁止されました。
ロニテンという薬は海外では血圧降下剤としての認可を受けているのでそれに必要な検査や併用薬、注意点が十分理解されています。その薬の副作用や影響をこれまでの症例で知られていることから安全にロニテンを使用することがどれだけ難しいかは海外では知られています。
日本ではロニテンも認可されておらず、一部の育毛病院が血圧降下剤として製造されている薬を輸入して現在育毛薬として患者に処方していますが服用前や服用後の検査。必須と言われる併用薬の処方を行っている病院は一件もありません。
ミノキシジルタブレットの製薬会社が添付する医薬品各条の内容と実態を紹介した知恵ノート。
以前、女性の方で育毛専門病院においてロニテンを勧められた方にした回答です。(ぜひお読みください)
女性の薄毛は様々な要因がございますが以下に
ポイントは女性でも安心してお使いいただける育毛ケアとなります。
女性特有の抜け毛について書いた知恵ノートを以下でご覧いただけます。
女性の脱毛は世界中で深刻化している大きな問題です。
内服を中心とした日本の女性の育毛医療についてした回答です。
日常、女性の方がご自分で行える髪が生えだすための配慮についてした回答です。
現在の日本の育毛医療はプロペシアとミノキシジルに頼りきりなのでこれ以上の手段がないようにお考えかと思いますがミノキシジルよりも毛髪再生率が237%を確認されている育毛剤もあります。
VEGFはがん治療の研究の過程で発見された成分でNHKのサイエンスZEROでも特集されましたがその研究を元にイギリスで開発された育毛剤があります。
血管内細胞増殖因子(VEGF)グロースファクターの影響が及ぼす血行への影響
FAGA(女性の男性型脱毛)も日本とは異なり、海外では別の方法の安全な方法も選択肢としてあります。
ミノキシジルやプロペシアだけが医学的に育毛効果が確認されたものではありません。
日本では低出力レーザーの育毛効果があまり知られていませんが2010年に認可されてからもそれを裏付ける研究発表がいくつもされていますがプロペシアではDHTの影響を抑制するとされていますが低出力レーザーはATPの増加も確認されており、抜け毛の抑制や髪のハリの改善だけではなく、髪が生えだすという効果まで確認されています
年6回発行されるAmerican Journal of Clinical Dermatology (米臨床皮膚医学ジャーナル)の2014年の最新号にも低出力レーザーの育毛効果や臨床データが紹介されています。世界でも権威のある臨床皮膚医学ジャーナルです
上記を含め以下でご紹介しています。
低出力レーザーの育毛効果の学術発表(ぜひお読みください)
低出力レーザーはミノキシジルやプロペシアの育毛医薬品だけではなく、一般的な医薬品でも行われるテストとして二重盲検試験(ダブルブラインドテスト)によりAGA型脱毛への育毛効果が確認され、ミノキシジルやプロペシアについで初めて認可され、現在では96カ国以上で認可されています。
別の方から低出力レーザー器についての質問に回答させていただいたものです。具体的に説明しているのでぜひお読みください。
FDAに認可された低出力レーザー器はプロペシアの代替案としても推奨させるようになりました。
女性のAGA型脱毛(Androgenetic Alopecia)に対しての承認を認めたFDAの発表 2011年
育毛剤、ミノキシジル、プロペシア以外の育毛方法
低出力レーザーの育毛効果の説明した知恵ノート
今年の8月にハーバードメディカルスクールの可視光線医療専門のウェルマンセンターマサチューセッツ病院が低出力レーザーのAGA型脱毛や円形脱毛症に対しての育毛効果についての学術発表が行われ、
「 低出力レーザーは毛包内の表皮幹細胞の生成が活発化することで髪の成長が休止期に入ったままの幹細胞が成長期(anagen phase)に移行することで育毛効果が得られる」との結論を共同研究で発表しました。
ハーバードメディカルスクールのウェルマンセンターも発表しているような効果によっても髪の生成が活発化されると結論を出しています。
AGA薬、プロペシアの3年目の臨床データと低出力レーザーの認可後2年目に収集された育毛効果と2013年の臨床データの発表を追加しました。
(ぜひお読みください)
全米皮膚科学会や国際毛髪臨床学会(ISHRS)は世界中の育毛に携わる専門医が所属している学会でその中でも低出力レーザーについては育毛効果を学会HPに掲載しています。
注意頂きたいのは低出力レーザー全体に対してFDAが承認を出したわけではなく1機種のみとなります。酷似する製品が多数販売されており恰も低出力レーザーのすべてに育毛効果があるような宣伝がされておりますが治験・臨床を経て認められたのは1商品だけです
低出力レーザー器を定価の2.4倍で販売している育毛クリニックも存在しますのでご注意ください。
健康な髪が成長する頭皮ケアの方法もご紹介しております。またミノキシジルやプロペシア以外の育毛方法についても過去に書いた知恵ノートでご紹介しております。
それか以下のURLのyahooプロフィールをご覧いただければと直接ご相談に乗ることも可能です。

コメントを残す

CAPTCHA