女性の育毛について。 女性の薄毛を治す方法やシャンプーなどあります

女性の育毛について。
女性の薄毛を治す方法やシャンプーなどありますか?
元々、毛も細く量も多くなかったんですが出産してから育毛がより気になるようになりました。 出産してすごく毛が抜けました。
出産すると抜け毛がすごいといいますが、出産をして2年になりますが増える気配もなく酷くなっているような気もします…。
トップのボリュームも全然なくなっちゃってつむじが広がったような気がして困ってます。
いい育毛方法や原因など、どのような事でもいいので教えて下さい。
抜け毛予防、発毛・育毛促進に有効な情報をお知らせします。
1)抜け毛について、役に立つホームHP
~ なんと言ってもタダ情報
「薄毛・抜け毛対策 失敗しないシャンプーと育毛剤の選び方」
「抜け毛予防ガイドブック」
2)男性の薄毛について、役に立つホームHP
~ なんと言ってもタダ情報
「AGA―news」
「AGA治療ガイド」
3)女性の薄毛について、役に立つホームHP
~ なんと言ってもタダ情報
「女性の薄毛対策」
4)発毛・育毛促進について、役に立つ情報商材
~ うれしい相談サポート付き
「ハゲからの生還育毛・発毛大作戦マニュアル」:育毛・発毛マニュアル検証サイト
「毛髪アンチエイジング ~ ロハス」:楽天オク、ヤフオク
5)発毛・育毛促進について、役に立つ本
~ 価格が安い! 何冊か買ってみよう!! お勧めの逸品です!!!
東田雪子著「育毛の真理」:角川学芸出版
東田雪子著「発毛・育毛の新常識」:日刊工業新聞社
東田雪子著「確実に利くハゲ治し理論」:たちばな出版
◆抜け毛の原因として考えられるのがいくつかあります。
・不規則な生活と食生活
・ストレス
・シャンプーが合っていないか頭皮が汚れている
・遺伝
遺伝はまだないかなぁと思います。
そしてストレスはどうしようもないので、何か思い当たることがあれば改善してください。
そして不規則な生活と食生活は改善されると意外に抜け毛も改善されます。
まずはシャンプー念入りにし、普段から頭皮を
清潔にしておくことが大事です。まずは頭皮を健康状態にするという
過程で育毛シャンプーを利用することをオススメします。
またシャンプーについても自分に合ったシャンプーを選ぶことが大事です。
、やはり天然素材を利用したものや、馬油のシャンプーが頭皮に優しくいいと言われますが、まずは頭皮の状態を見ながらいくつかのシャンプーを試してみることが大事です。
色々と頭皮について、シャンプーについて書かれています。
◆こんにちは
産後脱毛症ですね
女性ホルモンのエストロゲンが減少して毛周期(成長期、後退期、休止期の3つ)が休止期に入ってしまうのが原因です
通常は、時間とともにエストロゲンが増加してまた成長期に入るので治りますが遅れているのでしょう
または、エストロゲンは卵巣の卵胞から分泌されますので、卵巣になにかトラブルがあるのかも知れません
対策は、シャンプーではなく、エストロゲンを増やすことです
豆乳や豆腐などの大豆製品を積極的に食べましょう
大豆製品には、エストロゲンと同様の働きをするイソフラボンが豊富です
髪だけでなくお肌にもいいです
それでも、改善が進まなければ、女性ホルモン注射という方法もあります
一度美容皮膚科で検査をした方がいいです
相談してみて下さい
◆近年女性の方でも20代や30代で薄毛に悩まれる方は急増しています。婦人科系疾患も増加しているように女性ホルモンのバランスが不安定になり、それが様々な形で体に影響を与えている場合があります。
通常は産後の脱毛は一時的なもので妊娠時の過剰な女性ホルモンの分泌状態が通常の状態に戻る際に脱毛するというものですがそれも一定の期間を超えれば脱毛も止まり、必要以上に抜けた髪は生え戻るはずです。
ですが髪の成長が再開せず髪が抜けてしまいお話のような薄毛状態が悪化するケースがあります。
豆乳やサプリメントで女性ホルモンを補えるとお考えの方も多いのですが直接的に劇的な変化を期待できるものでもありません。
他にも民間療法の一種として大豆イソフラボンとカプサイシンが過去に健康関連のテレビで育毛に効果的であると大変話題となり、一気に周知されました。
国際的な学会でも大豆イソフラボンとカプサイシンによって育毛効果があると発表されましたがデータがねつ造だったと発覚しました。
名古屋市立大学病院の岡嶋教授の元に行われていた学術発表についてのねつ造の報道
サプリメントは安全かつ簡単というイメージがありますが実際に育毛効果があるかどうかの精査が第三者によって行われておらず、付属する医学的根拠が伴っていません。
女性の場合には髪の長さゆえ、ヘアサイクル(毛周期)のような必然として起こる生え換わりで短期的に急激な脱毛に見舞われる場合はあります。このような抜け毛の場合には生え戻るのですがどうしても髪が長く、しっかりとシャンプーしにくいことから頭皮や毛根が角化した皮脂や老廃物や化学性油分の強いシャンプーやトリートメントが毛穴を埋めてしまい、髪が生え戻りにくかったり、生え戻っても髪の太さに影響をする場合があります。
育毛においての毛周期の影響
以下は正常な頭皮を維持する重要性をご紹介しております。
育毛の為に健康な髪を生え出す為の基礎
抜け毛や薄毛と脂漏性頭皮の因果関係
女性の場合、女性ホルモンのバランスの乱れは様々な症状が現れます。女性の場合には慢性的な冷え症などから血行不良などを起こしているケースがあります。年齢や血行不良状態が男性で同じようにおこれば当然、極端な薄毛などが進行しているのですが女性であることから抜け毛程度で収まっているのだと思います。
男性と女性の場合には薄毛の原因などが異なる部分も多いのですが導入できる育毛ケアも女性のほうが限られております。
その中で日本では医学的に育毛効果が認められているリアップレディしかなく、世界でも女性の育毛効果が認められている手法はあまりありません。
肌が弱い女性の場合にはミノキシジルも高濃度のものは利用できないのですがミノキシジルやプロペシア以外にも女性の育毛効果が医学的に認められている育毛方法は海外では紹介をされており、ニュース番組や雑誌でも紹介されている在宅ケア方法もあります。
薄毛や髪の弱りはホルモンや加齢、血行不良など一つの原因が髪の弱体化させているとお考えだと思いますがそれらが複合的に影響を与えている場合もあります。
日本のように民間企業(リーブやアデランス)の薄毛ケアをサービスとして提供をされていない海外では何十年にも渡り、医師が育毛治療を行うという概念がありますが日本で医師が薄毛治療を行うようになったのはわずか5,6年のことです。
その為、育毛において医学的レベルで知識を持ち得る医師や学会は限られており、どうしても美容整形外科のような利益優先型の医療機関が主体となった治療しか日本では提供されていない実情がございます。
塗るよりも飲む。飲むよりも打つという考えが日本では定着しておりますが価格の問題だけではなくその理論において、ミノキシジルタブレット(ミノキシジルの錠剤で正式名ロニテン)は育毛医療の先進国である海外では使用を禁止されていますが女性の方にこれらの薬を処方している育毛専門病院が急増しています。
別の方に日本で行われている女性の育毛医療(ロニテンや育毛メソセラピー、HARG)についての回答をしていますのでぜひお読みください。
育毛薬、ミノキシジルタブレットの実情
育毛薬 ミノキシジルタブレット(ロニテン/loniten)の誤解と現状
内科的な治療法としてロニテンとサプリメントを処方する育毛クリニックがあり月に三万円の治療費になったり薄毛部分に有効成分を直接投与するHARG療法や育毛メソセラピーという育毛治療を行う美容整形もありますが1か月8~10万の治療費となり、リスクが伴います。
HARG療法やミノキシジル注射について
服用薬を中心とした発毛クリニックやHARG療法とは異なり、大手美容外科などが近年積極的に行っているのがメソセラピーというもので理論としてはHARG療法に似ております。
育毛クリニックは美容整形を主体とした育毛医療に取り組んでいる治療方法は異なりますがすべてメソセラピーと呼ばれるものです。1回で済むものではなく数回投与を受ける必要があります。
プロペシアのAGA治療以外の育毛メソセラピー問題について
日本ではAGA対策がプロペシアしかございません。女性はプロペシアを使用できないので対策がないように思われがちですが海外では男性だけではなく女性のAGA型脱毛に米国食品医薬局(FDA)が医学的に育毛効果が認めたケア方法がございます。
女性にとって薄毛というのは死活問題であると思いますが育毛クリニックが紹介している治療法だけが医学的に認められた育毛法ではありません。
低出力レーザーはミノキシジルやプロペシアの育毛医薬品だけではなく、一般的な医薬品でも行われるテストとして二重盲検試験(ダブルブラインドテスト)によりAGA型脱毛への育毛効果が確認され、ミノキシジルやプロペシアについで初めて認可され、現在では96カ国以上で認可されています。
女性のAGA型脱毛(Androgenetic Alopecia)に対しての承認を認めたFDAの発表 2010年
日本では低出力レーザーの育毛効果があまり知られていませんが2010年に認可されてからもそれを裏付ける研究発表がいくつもされています。
低出力レーザーの育毛効果の学術発表(ぜひお読みください)
育毛剤、ミノキシジル、プロペシア以外の育毛方法
低出力レーザーの育毛効果の説明した知恵ノート
今年の8月にハーバードメディカルスクールの可視光線医療専門のウェルマンセンターマサチューセッツ病院が低出力レーザーのAGA型脱毛や円形脱毛症に対しての育毛効果についての学術発表が行われ、
「 低出力レーザーは毛包内の表皮幹細胞の生成が活発化することで髪の成長が休止期に入ったままの幹細胞が成長期(anagen phase)に移行することで育毛効果が得られる」との結論を共同研究で発表しました。
ハーバードメディカルスクールのウェルマンセンターも発表しているような効果によっても髪の生成が活発化されると結論を出しています。
低出力レーザー のような赤色の可視光線は毛母細胞の活性かにより、脱毛要因を抑え、髪の成長を活性化することと海外で認可されたことをきっかけに国内で唯一の毛髪再生医学の研究を行う大阪大学も赤色LEDによる育毛効果の研究を始めています。
AGA薬、プロペシアの3年目の臨床データと低出力レーザーの認可後2年目に収集された育毛効果と2013年の臨床データの発表を追加しました。
(ぜひお読みください)
全米皮膚科学会や国際毛髪臨床学会において上記内容が正式に発表されました。低出力レーザーの承認は以下のように、2009年12月から2011年3月までの期間、25歳から60歳を対象に行われました。
ISHRS(国際毛髪学会)は世界中の育毛に携わる専門医が所属している学会でその中でも低出力レーザーについては育毛効果を学会HPに掲載しております。
注意頂きたいのは低出力レーザー全体に対してFDAが承認を出したわけではなく1機種のみとなります。酷似する製品が多数販売されており恰も低出力レーザーのすべてに育毛効果があるような宣伝がされておりますが治験・臨床を経て認められたのは1商品だけです
低出力レーザー器を定価の2.4倍で販売している育毛クリニックも存在しますのでご注意ください。
健康な髪が成長する頭皮ケアの方法やミノキシジルやプロペシア以外の育毛方法についても以下から過去に書いた知恵ノートをご覧いただけます。
それか以下のURLのyahooプロフィールをご覧いただければと直接ご相談に乗ることも可能です。
◆はじめまして!美容師をしています。
産後はホルモンバランスがくずれるので抜けやすくなりますよね。
最初は、かなり心配されると思いますがだんだんよくなっていくので心配はいらないと思います!
もしそれでも心配な場合はシャンプーなどを試すのもありだとは思います。
私自信薄毛の人のためのブログもやっているのでよかったら参考にしてみて下さい!
原因は様々ですが、解決されることを願ってます。
◆質問者さまと同じような経験をし、辛かった時期が私もありました。
何かお役に立てれればと思い回答させてもらいます。
まず、出産なさってすごく毛が抜けられたとの事ですが、これは産後の女性には
普通によくある事とされ、気になっていてもいつかは治るというのがほとんどです。
大きな原因はホルモンバランスの崩れだという事、産後の体は変化が起こりやすく、
育児の疲れなどでストレスも溜まりやすい状態です。それらが抜け毛をより悪化させたりもします。
治る方がほとんどと言いましたが、私は質問者様と同じようにつむじが広がった状態が長く
続き、ほっては置けない状態で治療していくこととなりました。色々なケア商品を試しましたが、
個人差があり、自分の頭皮に効くものになかなか出会えずにいました。最終的に私を救ってくれた
ケア商品は『アンジュレ』というものなんですが、質問者様に効果が得られるかは、わかりませんが、
少しでも参考にしていただけたらと思います。良かったら見てくださいね。
90日返金保証も対応してくれる安心できるケア商品ですので試してみるのも、抜け毛予防の第一歩
かもしれません。
質問者様の髪質が改善されますよう、心からお祈りいたします。
失礼いたします。

コメントを残す

CAPTCHA